Javaゲーム制作記

いろいろ作ってます  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | Comment(-)

バージョンアップ&データ形式について

カラクリエイターの作品の投稿機能を設けました!
まだ数日しかたっていないのに、もういくつか投稿が来ています。
中でもすごかったのがこれ!

atsuさん作:キャタピラの底力

45度近い坂を登ってます!
ポリゴンがうまく角に引っかかるようにできています!

ハンバーグさん作:車の旅

車がどんどん坂を転がって(w)進んで行きます!
これはChaseツールで車を追跡しながら見ると見やすいと思います。


気軽に作品を投稿できるので、何かできたら投稿してみてください!

最近の更新は、
・ビュワーを高速化
・投稿受付開始!
です。
次回はバグ修正・ツール修正の予定です。


データ形式については続きをクリック

カラクリエイターのデータですが、大体こんな感じになっています。


S*off,-256,-208*scale,100*E*
P*vers,-3.5,-0.2,3.5,-0.2,3.5,0.2,-3.5,0.2*pos,0,1.2*stat,true*dens,1*ang,0*fric,0.5*rest,0.5*col,125,250,194*E*
1Pc



1項目は「*」で区切ることができ、1要素は「,」で区切ることができます。



S*
off,-256,-208*
scale,100*
E*
P*
vers,-3.5,-0.2,3.5,-0.2,3.5,0.2,-3.5,0.2*
pos,0,1.2*
stat,true
*dens,1
*ang,0
*fric,0.5
*rest,0.5
*col,125,250,194*
E*
1Pc



各項目の終わりには「E」が付きます。


S*~で始まる行は、シーンのデータを表しています。
・off:画面のオフセット値。ピクセル単位
・scale:ズーム具合。この値分のピクセルで1メートルになる

P*~またはC*~で始まる行は、物体のデータを表しています(Circle,Polygon)。
・pos:物体の重心位置
・vers:ポリゴンにのみある。ローカル座標系での頂点の位置。x0,y0,x1,y1,x2,y2・・・の順
・rad:丸にのみある。円の半径
・stat:trueなら固定、falseなら可動
・dens:密度。1㎡あたりの質量
・ang:回転角。単位はラジアン
・fric:摩擦係数
・rest:反発係数。1を超えるとイエ゙ア゙ア゙ア゙
・col:物体の色。Red,Green,Blueの順

H*~で始まる行は、ヒンジのデータを表します。↓例

H*body,-1,1*relpos,-0.68,-0.59,-0.705,0.035*motor,false*torque,0*speed,0*E*


・body:繋がれている物体の番号。物体はデータの先頭から順に0,1,2・・・と
     番号が振られる。-1の場合は背景に固定
・relpos:繋がれている相対位置。物体1(x,y)、物体2(x,y)の順
・motor:trueならモーターオン。falseならオフ
・torque:モーターのトルク。モーターがオフの場合は無視される。
・speed:モーターのスピード。モーターがオフの場合は無視される。
      単位はrad/sec

これだけだと改造したデータも投稿できてしまうので、
最後にキーコードが付いています。
このデータなら「1Pc」の部分です。
これは他のソフトで読み取るときは無視してもらってかまいません。

以上、データ形式でした。

[ 2010/07/30 18:51 ] ゲーム制作 | Comment(8)
お疲れさまww

カラクリエイターのデータ
とにかくすごいですねww
(ボクにはわからないw)
[ 2010/07/30 19:57 ] [ 編集 ]
お疲れ様です。:-)

加工しやすいデータ形式で助かります。 :-)
phn形式のデータと似ているため、phn形式へのコンバータ(変換ソフト)が簡単に作れました。

Gmailは届いているでしょうか?
どこに公開するかという件も悩んでいます。zip化した状態で1.6MB (カラクリエイター本体の数十倍!?) も容量があるので。 (Perlスクリプトだけだと高々8KBなのですが :-P )
[ 2010/07/31 20:19 ] [ 編集 ]
不具合の報告です。

[不具合の内容]
背景に接続したヒンジを図形と同時に動かすと、セーブ時に誤った値が保存されてしまう。
これにより、セーブしたかったシーンと実際にセーブされたシーンデータでヒンジの位置が異なってしまう。

[再現手順]
1. ヒンジを用いて図形を背景に接続します。
2. 移動ツールでこの図形を移動させます。
3. 試しに実行すると、ヒンジが移動先の背景に再接続されているのが分かります。
4. データをセーブします。
5. セーブデータを読み込みます。するとヒンジの接続位置がズレているのがわかります。
(4. 5.でクイックセーブ、クイックロードを使っても同様です)
6. 確認のため実行してみると、3. の結果と異なります。

3. では移動先にヒンジが再接続されています (ここまでの動作は問題ありません)。
しかし、4. で得たセーブデータにおいて、relposの背景に対する値がヒンジを移動させる前 ( つまり 1.の状態 ) の値のままになっています。


既に投稿されているシーンにもこの不具合による影響が出ていると思われるものがあります。このため、私以外のユーザーの皆様もこの不具合を知っていたほうが良いと考え、この場で報告させていただくことにしました。
シーンデータを投稿する際は、一度ロードして、意図したシーンになっているか確認してから投稿することをおすすめします。 :-)
[ 2010/08/01 00:58 ] [ 編集 ]
>>カイ さん
ありがとうございます。
とにかく読み込みやすいように作ったので、少し見難くなってしまいました。

>>Tatt さん
ありがとうございます。
Gmail、確認しました。
>>不具合の報告です。 ・・・
あ、本当ですね。
実は移動ツールで動かしたとき、表示されていない背景の物体ごと移動していました。
しかし読み込むときは物体の位置が戻っていたので、このような結果になったと考えられます。
次回修正時に、relposの値ごと変化させるようにしておきます。

ご報告ありがとうございました。
[ 2010/08/01 11:52 ] [ 編集 ]
流体とか作ってみたりはしないんですか? 無知な自分が言ってもあれなんですけど
[ 2010/08/01 15:24 ] [ 編集 ]
>>ありがとうございます さん
流体ですか・・・
できなくは無いですが、ちゃんとした計算をしようとすると、
かなりの計算量になってしまい、相当高速なPCでないと動かなくなることが予想されます。
なので、今のところ流体は考えていません。
また機会があれば追加する可能性もあります。
[ 2010/08/02 09:46 ] [ 編集 ]
図形を切断できる物がほしい・・・
[ 2010/08/03 10:47 ] [ 編集 ]
>>名無しさん
現在いろいろと問題があって考え中です。
解決すれば追加できるかもしれません。
[ 2010/08/03 16:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




※URL記述の際はttp://としてください


プロフィール

saharan

Author:saharan

Twitter
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。